4.3G回線が使えない
現在では高速通信が可能となる4G回線を利用する人が多いかと思いますが、その一方でまだ3G回線を使っている人も少なくありません。
また、3G回線は基本的にどんなところでも通信可能なため、4Gがうまく繋がらないときでも3G回線を使用できれば問題なくインターネットに接続することができます。

mineoではこの3G回線が利用できない場合があります。4G回線に問題なく接続できる地域の方であれば特に問題ありませんが、住んでいる場所によっては使いづらさを感じることになるかもしれません。

5.人が混雑する時間帯の通信速度が遅くなる
これはmineoに限った話ではありませんが、格安SIMを使用している端末は人混みやお昼休みなど多くの人が携帯電話を利用している場所や時間帯だと、どうしても通信速度が下がってしまいます。

ただ、通信速度が下がるからといっても全くインターネットに接続できないというほど致命的ではありません。サイトの閲覧などは基本的に問題なく行えるので安心してください。それでも、時間帯と場所によって通信速度が遅くなるという点を頭の片隅に残しておいてください。

6.契約1年以内のMNP手数料が高い
MNPとは携帯電話番号ポータビリティのことで、携帯電話の電話番号をそのままに、別の携帯電話会社に移行できる制度です。mineoでは、このMNPで他の携帯電話会社に転出する場合の手数料が契約後12ヶ月以内だと12,420円(税込)かかります。ちなみに、13ヶ月目以降は手数料が2,160円(税込)とぐっと下がります。

mineoは最低利用期間を設けてはいないため、いつでも他の携帯電話会社に移行することはできますが、MNPの手数料を考慮すると最低でも1年間は利用した方がいいでしょう。

7.キャリアメールが使用できない
auやdocomo、SoftBankなどの大手キャリアの携帯電話を利用しているときは@ezweb.ne.jp、@docomo.ne.jp、@SoftBank.ne.jpといったメールアドレスを使用することができましたが、mineoではこういったキャリア専用のメールアドレスがないため、使用することができません。

LINEなどのアプリやGmailのようなフリーメールを使用すれば問題ありませんが、デメリットの1つだといえます。